y2trip » 遊行柳

11

11

2019

遊行柳

遊行柳


芭蕉が『奥の細道』で下野国(今の栃木県那須町)の芦野の里にある遊行柳を訪れ一躍有名になった『遊行柳』を訪ねてみることにした.


西行が詠んだとされている、

 道のべに清水流るる柳かげ しばしとてこそ立ちどまりつれ [西行(新古今集)]

 は、鳥羽天皇から命で御所のふすまに描かれた絵を元に歌を詠ませた時の作品で、後の世に謡曲『遊行柳』と結びつけられ、西行が詠んだ柳の木と言うことで一人歩きしていつの間にか歌枕の地と化してしまったようだ.勿論この芦野の里は旧奥州街道沿いにあるので、西行が二度の奥州下向の際に立ち寄ったと思うのは不思議ではないが、西行の時代の街道は今の国道294号ではなく白河の関跡を通る『伊王野白河線(県道76)』の方かもしれない.



 また、清水流るるの柳は、蘆野の里にありて、田の畔に残る. ...
 田一枚植えて立ち去る柳かな 芭蕉

芦野支所前でバスを降りる 前方に遊行柳 廻りは一面の田圃 温泉神社の参道 史跡 遊行柳 代々植え継がれてきた柳の木 参道の中程に二本の柳 温泉神社 神社の裏にある鏡山へ 鏡山の頂上 大銀杏 清水流るる小川は無い 遊行庵

Local Search

Calendar

November 2019
S M T W T F S
« Sep    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Meta