y2trip » 祖谷渓谷

11

30

2008

祖谷渓谷

雪の祖谷渓谷 [ 11/20 2008 ]


バスを待つ 歩いて西祖谷へ 竜宮トンネル 白銀の回廊 吊り橋 東祖谷観光マップ 吊り橋を渡ってみる 雪が落ちてくる 真っ赤な紅葉と雪 古い吊り橋 辺りは紅葉のピーク エメラルドグリーンの水 渓谷 発電所 西祖谷のかずら橋 恐る恐る 次々と観光客が 巨大な駐車場設備 雪が消えていく 小便小僧 池田まで辿り着いた

奥祖谷から西祖谷へ


昨夜は予定を変更して、京上という東祖谷の小さな街に泊まることになった.この辺りは平家落人の里として観光地化しようとしているようだった.朝起きると一面銀世界で、まだ雪がちらついていた.朝一番の池田方面行きバスに乗る予定で旅館を出、バスの待合室でバスを待っていたが予定の時間を過ぎても一向にバスが来ない.


暫くして中学生が3名ほどバス停にやってきたが、中学校へ向かうスクールバスも予定の時間を過ぎてもなかなかやって来なかった.きっとこの雪で遅れているのだろう.中学生たちと雑談をしながらバスを待っていると、スクールバスの方が先にやってきた.中学生たちは私に挨拶をしてバスに乗り込んで行った.ほんの些細な出会いであったが、何となく微笑ましい一時だった.


そう言えば昨年遍路で四国を歩いて廻ったときも、田舎の小中学生はにこやかに接してくれたことが多かった.都市部に近づけば近づくほどだんだんよそよそしくなってくる.


肝心の池田方面行きバスを待つが予定を30分過ぎてもまだ来ない.確認のため四国交通に電話をしてみると、昨日の雪でバスが久保に行けなかったので、朝の第1便は運休だという.えっー!!! と思わず声を上げてしまった.次のバスまでは何と5時間もあるのだ.他の交通手段を聞いてみるが他にはタクシーぐらいしかないという.タクシーで池田に行けば何万円も掛かるだろう.西祖谷のかずら橋まで行けばバスは運行されているということなので、西祖谷のかずら橋まで歩いて行くことにした.


交番のお巡りさんに西祖谷のかずら橋までの道を尋ねると、京上からは約12kmだという.西祖谷に向かって歩いているとやがて雪が止み青空が見えてきた.空の青さと渓谷を覆うように真っ白な雪景色のコントラストが何とも言えず美しい.祖谷渓谷と言えば紅葉の名所として有名だが、紅葉の上に雪をかぶった光景もなかなか絵になる光景だった.思いがけない大雪のおかげで、このような珍しい光景に出会えたことを感謝した.バスが運休になったおかげでこの素晴らしい渓谷の景色をゆっくりと歩いて眺めることができたのだ.


雪景色の渓谷に沿って歩くこと2時間30分ほどで西祖谷のかずら橋に着いた.こちらの方のかずら橋は観光名所らしく大型バスで次々とやってくる観光客で賑わっていた.昼食がてらバス停近くの食堂兼民宿のおばちゃんと話をしていると、かずら橋のかずらは標高1000m以上の山でなければ橋に使えるようなかずらは手に入らないのだそうだ.3年ごとに張り替えているのだそうだが、年々かずらの入手が難しくなってきているという.橋の通行料の500円はぼったくりのような気がするが、このかずら橋と大歩危・小歩危は三好市の観光資源として財政を潤しているのだろう.そなるほど山の斜面にあのような巨大な駐車場施設も建っているのも肯ける.


11:50AM発の祖谷渓谷添いの道を通る池田行きバスに乗り池田へ向かった.途中で険しい崖の上に有名な小便小僧の小さな像が立っていた.バスを降りてゆっくり見物して行きたかったが、そんな訳にも行かずバスの窓越しにカメラを構えることしかできなかった.皆カーブに車を停めるのでこの付近はちょっとした渋滞になっていた.


祖谷渓谷沿いの道は細くてカーブが激しいので、バスに乗っていても結構楽しくスリリングな道だった.高所恐怖症の人には向かないかも知れない.予定よりも半日遅れて池田に着いたので、予定していた別格13番 仙龍寺へ行くことは諦めて、JR土讃線で善通寺へ向かい、西行が隠棲していたという曼荼羅寺近くの西行庵を訪ねることにした.



 

Local Search

Calendar

November 2008
S M T W T F S
« Apr   Dec »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Meta