y2trip » 5/27 再び別格1番大山寺へ

5

27

2007

5/27 再び別格1番大山寺へ


5/27 再び別格1番大山寺へ



大山寺へ


大山寺の墨書きと朱印

大山寺の墨書きと朱印

朝、いつもより遅めの朝食を食べ、チェックアウトを済ませホテルを出た.できれば歩いて別格1番大山寺と霊山寺へ行きたかったが、ここからではちょっと距離が長すぎるので、無理をせずに列車を使うことにした.既に体はボロボロで、ここ2〜3日は膝の調子も良くなかった.これ以上体を酷使することは肉体的にも精神的にも無理だった.


吉野川を渡り、対岸のJR徳島線穴吹駅に向かった.穴吹駅発9:46分発の列車に乗り、牛島駅に向かった.この日は日曜日ということもあり、徳島市内へ行く人達で結構混んでいた.牛島駅で列車を降り、再び吉野川を渡り、大山寺へ向かった.大山寺から安楽寺へ向かった時と逆のコースを取ろうとしたが、また途中で遍路道を見失ってしまった.しょうがないので当てずっぽうで歩いていたら、技の館という上板町が運営するおもしろそうな施設があったのでちょっと寄り道をしていった.1階のレストランで和三盆糖を使ったアイスクリームを売っていたので、食べてみた.和風アイスクリームといった趣だろうか.


高速道路をくぐり抜け、大山寺への遍路道に入った.この道は前回も歩いているので地図を見なくても歩くことができた.前回見つけた地図に載っていない遍路道も前回通ったときよりも綺麗に整備されていた.山門に着くと、屋根は相変わらず青いビニールシートが掛けられたままだった.


境内でお参りを済ませてから納経所で最後の残りページに記帳して貰った.納経を終え暫く境内で休んでいたら車でお参りに来ていた、50代位のご夫婦と娘さんの家族連れがお参りにやってきた.この家族は何回かに分けて別格を車で廻っているらしく、私が歩いて別格霊場を廻ってきたところだというととても驚いていた.車で廻るのも大変だったのにましてや歩いて廻るという事がにわかに信じられない様子だった.


大山寺を後にして山を下りたが、これから1番の霊山寺へ向かうと、午後5時には着けそうもなかった.とりあえず今日は板野の駅まで行って、徳島市内のホテルに泊まり、明日の朝霊山寺へお礼参りすることにした.


板野駅に向かって県道12号線を歩いていたら、車に乗ったおじさんが冷たいお茶のお接待をしてくれた.この日も気温が30度を越えていたので、冷たい飲み物はとても有り難かった.


板野駅に付くと次の普通列車までかなり時間が空いていたので、ちょっと贅沢をして特急列車で徳島へ向かった.各駅停車だと列車の待ち合わせのため30分以上掛かるが、流石に特急は早かった.徳島駅の改札では女性の駅員さんが切符を回収していた.自動改札機が全盛の時代に昔ながらの改札が残っているのは何となく嬉しい.1ヶ月ちょっとしか経っていないのに、徳島の街がなんだかとても懐かしく感じられた.



大きな地図で見る:  Google Maps

大きな地図で見る:  Yahoo Japan Map




この日の歩数:36,517 歩 【累積歩数:2,170,922 歩 】 歩行距離:24.4 km【累積歩行距離:1341.0 km 】

宿泊先: 徳島 東急イン
      【TEL 088-626-0109, FAX 088-626-0686】
       〒770-0834 徳島県徳島市鴨島町元町1-24
       http://www.tokyuhotels.co.jp/ja/TI/TI_TOKUS/index.html
       シングル  8,245円 (込み込みプラン: 朝食付き)
       洗濯機・乾燥機 (なし)



・別格1番 大山寺

・技の館


Local Search

Calendar

May 2007
S M T W T F S
« Apr   Mar »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Meta