y2blog » Intel Mac で Solaris : その3

12

30

2007

Intel Mac で Solaris : その3

Solarisのマルチブートに挑戦(失敗編)


GPT形式のパーティションではSolarisのインストーラが全く受け付けてくれませんので、ちょっと強引ですがMBRパーティション形式でハードディスクを分割してみました.先の実験で “GParted” でパーティション操作を行ったため、Windows XP Ubuntu Linux が立ち上がらなくなりました.MBRを修復して再び起動可能にするのも面倒なので、この際思い切って MBR 形式でフォーマットし直すことにします.

尚、MBR 形式ではMac OS X を直接インストールができなくなりますが、このHFSパーティションから起動することは可能です.外部のドライブに格納してあるシステムをこのHFSパーティションに戻せば(クローニング)、普通にMac OS X を起動させることができます.但し、”Startup Disk” はMBR形式のハードディスクは起動ドライブとして認識してくれないようです.Windows用パーティションの位置はGPTの場合とは異なり、#1〜#3 のどこに置いても大丈夫でしょう.とりあえず今回は先頭に置くことにします.


MBR形式でのフォーマットは”DiskUtility” で作成し、後で”GParted” でLinuxパーティションに変換します.尚、iPartition 2 はMBR形式のパーティションはサポートしていませんので、今回の用途には使えません.ハードディスクのパーティション構成は次のようにしました.#1〜#4 まではプライマリパーティション、#5〜#7までは論理パーティションです.DiskUtility でMBR形式でパーティションを作成すると、先頭の3つまではプライマリパーティション、それ以降は論理パーティションとして取り扱うようです.#5のLinux swap用のパーティションは Solaris用のパーティションとの競合を避けるため、Solarisインストール時はFAT32のままにしておき、Linux をインストールする際に、LinuxSwap(0x82) に変換します.




 #1  WinXP FAT32

 #2  Solaris  Linux swap(0x82)

 #3  Linux    Linux ext3

 #4  Extended  Extended

 #5   swap     Linux swap (Logical)

 #6   Leopard    HFS+ (Logical)

 #7   Home    HFS+ (Logical)  

 

  • Disk Utility Disk UtilityでMBR形式パーティションを作成

  • Modify the Partition 第2パーティションをLinuxSwapに変換



sh-3.2# fdisk /dev/disk0
Disk: /dev/disk0	geometry: 12161/255/63 [195371568 sectors]
Signature: 0xAA55
         Starting       Ending
 #: id  cyl  hd sec -  cyl  hd sec [     start -       size]
------------------------------------------------------------------------
 1: 0B    0   1   1 - 1023 254  63 [        63 -   33554432] Win95 FAT-32
 2: 82 1023 254  63 - 1023 254  63 [  33554556 -   25165824] Linux swap
 3: 83 1023 254  63 - 1023 254  63 [  58720410 -   17039360] Linux files*
 4: 05 1023 254  63 - 1023 254  63 [  75759770 -  119611798] Extended DOS
Signature: 0xAA55
         Starting       Ending
 #: id  cyl  hd sec -  cyl  hd sec [     start -       size]
------------------------------------------------------------------------
 1: 0B 1023 254  63 - 1023 254  63 [  75759831 -    4194304] Win95 FAT-32
 2: 05 1023 254  63 - 1023 254  63 [  79954135 -   67371055] Extended DOS
 3: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
 4: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
Signature: 0xAA55
         Starting       Ending
 #: id  cyl  hd sec -  cyl  hd sec [     start -       size]
------------------------------------------------------------------------
 1: AF 1023 254  63 - 1023 254  63 [  79954182 -   67371008] HFS+
 2: 05 1023 254  63 - 1023 254  63 [ 147325190 -   48046378] Extended DOS
 3: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
 4: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
Signature: 0xAA55
         Starting       Ending
 #: id  cyl  hd sec -  cyl  hd sec [     start -       size]
------------------------------------------------------------------------
 1: AF 1023 254  63 - 1023 254  63 [ 147325248 -   48046320] HFS+
 2: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
 3: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused
 4: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused

sh-3.2# diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *93.2 Gi    disk0
   1:                 DOS_FAT_32 XP                      16.0 Gi    disk0s1
   2:                 Linux_Swap                         12.0 Gi    disk0s2
   3:                      Linux                         8.1 Gi     disk0s3
   4:                 DOS_FAT_32 SWAP                    2.0 Gi     disk0s5
   5:                  Apple_HFS Leopard                 32.1 Gi    disk0s6
   6:                  Apple_HFS Home                    22.9 Gi    disk0s7

sh-3.2#


パーティションの作成が終わったところで、Solarisをインストールする前にWindows XP をインストールしておきます.SolarisのインストーラーはMBRを更新してしまいますが、起動可能なWindowsパーティションを見つけると、そのパーティションからWindowsが起動できるようにGRUBの設定を行うようです.


Open Solaris のインストーラ (Developer Edition) からは、次のように認識されます.2番目のパーティションを “Solaris” 形式に変更してインストールを続けます.しかしながらこの方法ではパーティション管理の次の段階までは進められるのですが、途中でエラーメッセージを表示してインストールが中止されてしまいます.Express Edition ではパーティションが不正だといって受け付けてくれません.残念ながらこの方法でもSolarisのインストールは難しいようです.

次回は、『Solarisのマルチブートに挑戦(成功編)』となる予定? です.


  • Partition Recognition インストーラのパーティション認識

  • Installation Failed インストーラのエラーログ

  • Installer Error Message インストーラのエラーメッセージ(Express)

Local Search

Calendar

January 2020
S M T W T F S
« Dec    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • Blogroll

  • Meta