y2blog » Windows XP SP3 インストールCDの作成

5

16

2008

Windows XP SP3 インストールCDの作成


Windows XP SP3 インストールCDの作成方法

 

 Windows XP の SP3 が正式にリリースされましたが、恐らく Windows XP としてはこの SP3 が最後のバージョンになるでしょう.そこで今回の記事では SP2 のインストール CD から SP3 を適用済みの インストール CD を作成する手順を紹介します.
 

準備

 

 まずSP3 適用済みの インストール CD を作成するために必要なリソースを用意します.
  
 ・Windows XP SP2 のインストールCD (それ以前の XP, XP SP1 でも多分大丈夫です)
 
 ・SP3 のスタンドアローンインストーラ
  マイクロソフトのダウンロードサイトから入手できます.
   SP3 ネットワークインストール 日本語版
 
 ・ブータブル CD を作成可能な CD ライティングツール
  Roxio Easy CD Creator, ウルトラ ISO など
 

手順

 

【本文のテキストではWindowsのセパレータ文字としてバックスラッシュ(\)を入力してありますが、日本語版の Windowsではバックスラッシュの代わりに円記号(¥)が用いられています.利用しているOSやWEBブラウザの環境によってバックスラッシュか円記号のどちらかで表示されているはずですが、自分の環境に合致したセパレータ文字に置き換えてください.写真の例は日本語版のWindows XP を使っているので、セパレータ文字は円記号(¥)になっています.】

 

STEP 1.
 
 Windows XP が稼働しているマシンの空きドライブに “WinXPSP3″ のような名前のフォルダを作成し、そこに Windows XP のインストールCDの中身を丸ごとコピーします.この際にコントロールパネルの『フォルダオプション』の『表示』タブを開き、”保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)” という項目のチェックを外して、全てのファイルが表示されるようにしておいて下さい.
( 画面の表示例では D:\WinXPSP3 というフォルダにコピーしてあります)
 

作業フォルダにコピー
作業フォルダにCD-ROMの内容を全てコピーする

STEP 2.
  
 マイクロソフトのサイトから ダウンロードしてきた SP3 パッケージを “SP3″ というフォルダを作成し、そこにコピーし、カレントディレクトリを “SP3″ に移して、次のコマンドを入力してファイルを展開します.
 
 
 CD D:\SP3
 D:\SP3> WindowsXP-KB936929-SP3-x86-JPN.exe -x
 

 
 上記のコマンドを実行すると展開先のディレクトリを尋ねるダイアログが現れますので、そのままOKを押して下さい.コマンドのオプションで -x:D:\SP3 とすると展開先のディレクトリを尋ねられることなく、直接指定先のフォルダに展開されます.
 
 無事展開が終了すると、”i386″ という名前のフォルダが作成され、その中に沢山のファイルが作成されます.
 

SP3のパッケージを抽出する
SP3パッケージを抽出する
 

STEP 3.
  
 SP3パッケージを展開したフォルダ “i386″ の中にある “update” という名前のフォルダにカレントディレクトリを移動し、次のコマンドを入力して インストール CD のコピーに対して SP3 のアップデートを施します.
 

update フォルダに移動する
update フォルダに移動する
 
 
 D:\SP3>
 D:\SP3> CD i386\update
 D:\SP3\i386\update> update.exe /integrate:D:\WinXPSP3
 

上記コマンドを実行すると、ソフトウェア更新インストールウィザードの進捗ダイアログが現れて、更新作業が始まります.
 
以上で、インストール用のパッケージに対して SP3 が適用されました.
 

インストールCDの内容にSP3パッチを充てる
インストールCDの内容にSP3パッチを充てる
 
アップデート作業が始まる
アップデート作業が始まる
 
アップデートされたインストールパッケージ
アップデートされたインストールパッケージ

STEP 4.
  
 続いて、SP3 を施したパッケージを ブータブル CD として作成します.ここでの手順は使用する CD ライティングツールによって大幅に異なりますので、各自で自分が使うツールに合わせて下さい..
 
 手順としては、おおよそ次のようになります
 
  ・元の インストール CD から ブートイメージファイルを抽出する.
  ・書き込み元のデータとして “D:\WinXPSP3″ フォルダを指定する
  ・抽出したブートイメージファイルを書き込みイメージに加える
  ・CD-R に書き込む
 
 画面の例では、 ウルトラ ISO というISO イメージファイル作成ユーティリティーを使っています.
 

 

以上で、CD から起動可能な Windows XP SP3 インストールディスクの完成です.
 

extract boot image 01 extract boot image 02 read boot imag 01 read boot image 02 read boot image 03 add file to image 01 add file to image 02 calculating file size write to disk 01 roxio writing

Local Search

Calendar

April 2014
S M T W T F S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • Blogroll