y2blog » Mac Mini 2014 を購入してみた

8

02

2015

Mac Mini 2014 を購入してみた

PCオーディオ用のマシンをMac Mini 2014にアップデート


最近、我が家のオーディオ再生用Mac(初代 17inch Intel iMac : 2006年 CPUをCore2Duo に換装済み.OS : Mac OSX Server 10.6)が、Audirvanaでの再生中に、時折音飛びをするようになってきた.このiMacはAppleがPowerPCからIntelチップに移行した一番最初のMacで、当時デベロッパープログラムのメンバーに対して開発用に特別に販売(確か$1,000くらい)された、PowerMacG5筐体にIntel Motherboardを組み込んだマシンをAppleが回収する際に、代替機として受け取ったものだ.


CPUの換装やHDDをSSDに取り替えるなどそれなりの対策は施してきたが、流石に10年前のマシンでは性能アップも限界だろう.何よりもメモリが最大でも2GBまでしか対応していないのが一番のボトルネックだ.最近デジタルオーディオの自作を始めたので、それに合わせてメインオーディオマシンも更新することにした.


という訳で、昨年秋に発売された Mac Mini 2014 モデルを購入した.本当は一世代前の Corei7のクアッドコアマシンを手に入れたかったが、今では手に入らないので仕方なく、現行モデルの Corei5 デュアルコア 2.6GHz モデルをCTOカスタマイズ(メモリ16GB SSD256GB)した.Fusion Drive仕様だとSSDが128GBしか選択できないので、256GBのSSDシングル構成にして、後で自分で2.5inch HDDスロットに500GBのSSDを追加することにした.



Mac Mini 2014

Mac Mini 2014 の裏蓋を開けて2.5inch SSDドライブを追加する

Mother board

Mac Mini 2014のマザーボード

SSD/HDDマウンタ

SSD/HDDマウンタとHDD接続用フレキシブルケーブルキット

2.5inch  HDD 取り付け部分

2.5inch HDD をSSDの裏側へ取り付ける


Yosemiteは使いたくないので、Mavericsで動かしたいのだが...


今回、私が購入したMac Mini 2014モデルの搭載OSは Yosemite(10.10.4) で、これより以前のOSに関しては基本的にApple側ではサポートしていない.私としてはYosemiteは使っていない(というより使いたくない)ので、一世代前の Maverics(10.9)をインストールして使いたいのだが、Mac Mini 2014モデルにMavericsのインストーラを対応させる事に難儀している.インストーラに小細工を加えて、Mac Mini 2014モデルをインストール可能機種と認識させて挑戦してみたが、パッケージのインストール段階でチェックサムなどの改竄チェックに引っ掛かってインストールが失敗してしまう.パッケージの改竄チェックを回避する方法を探してみる事にするが、少し時間が掛かりそうだ.


iMac 27inch(Late 2012)やMacBook Air (Mid 2012) のMavericsのOSを用いて、Mac Mini 2014モデルでの起動を試みたが、”/System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plist” に Macmini7,2(“Mac-35C5E08120C7EEAF”) を追記しただけでは正常に起動できなかった.


仕方が無いので、Mac Mini のメインのOSとしてEl Capitan をインストールし、おまけとして、巷でちょっと話題のWindows10をUEFIモードでインストールしてみた.Windows10をUEFIモードでインストールする際に、WindowsのGUIベースのインストーラでは、ディスク構成(ドライブ数やパーティション構成など)が複雑な場合は、殆どの場合上手くインストールすることができないので、GUIベースのインストーラではなく、imagex.exeやdism.exe などのコマンドラインのWindowsデプロイメントツール群を使いこなす必要があるのでとても厄介だ.


Windows10 をUEFIモードでインストールしてみる


今回導入した Mac Mini 2014 モデルは、内蔵の256MBのSSDドライブに自分で2ndドライブとして 500GBのSamsung SSD 850 EVO を追加してある.内蔵の256MBのSSDドライブ側に El Capitan とホームディレクトリ “Home” を置き、Samsung SSD 850 EVO側に、Windows10用の領域とMac用の音楽データ領域 “Music”、Mac/Windowsの双方で共有可能な FAT32形式の共有ボリューム”SHARED” を置くことにする.まだAppleからWindows10用のドライバ類がリリースされていないので、ハードウェアをフル活用することはできないが、Windows10の標準的なドライバでもそれなりに動作するようだ.


最終的なパーティション構成は次の様になった.



1.Windows10 インストーラーをUEFIモードで起動する

Windows10のインストール用USBメモリをUSBポートに挿し、Macの起動時に”Option”キーを押し続け、ブートセレクターを呼び出す.”EFI Boot” と名前が付けられているUSBボリュームアイコンを選択すると、UEFIモードでWindowsのインストーラが起動する.最初はGUIベースのインストーラーダイアログが現れるので、言語やキーボード設定を行う.


Boot with UEFI Installer

UEFIモードでインストーラーを起動する

Installer Initial Dialog

最初はGUIベースのインストーラーが現れるので、キーボード等の設定を行う


2.コマンドラインモードに切り替え、ディスクをパーティションに区切る

言語やキーボード設定を行い”Next” (何故か “Next”ボタンが無いのでそのままリターンキーを押す)を選ぶと、”Install Now” ボタンが現れるので、この状態で”Install Now” ボタンを押さずに、シフトキーとFn10キーを同時に押す.コマンドライン入力用のウインドウが現れるので、これ以降の操作は全てこのコマンドラインウインドウ上で行う事になる.


Invoke Command Line Tools

この状態で ”シフトキー + Fn10キー” を押してコマンドラインウインドウを呼び出す

Invoke the "diskpart.exe" command

diskpart.exeコマンドでディスクドライブをパーティションニングする


参考リンク:MicrosoftのMSDNやTechnetの情報など



UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションの構成

展開イメージのサービスと管理 (DISM) のコマンド ライン オプション

BCDboot のコマンドライン オプション(Technet)

BCDboot のコマンド ライン オプション(MSDN)

“Windows Deployment Tools Technical Reference”

MacのBoot Campを使わずにWindows 8 Proをインストールする方法 (Part 2/2) [takkaのページ]


disk partitionning

ディスクを一旦リセットし、必要な数のパーティションを作成する

partition list

作成したパーティションの構成を確認する

Assign Drive Letters

作成したパーティション(ボリューム)にドライブレターを割り当てる


3.Windowsインストーラ起動用のOSイメージファイルをたWindowsシステム領域に展開する

Windowsのインストラーを起動するためのOSイメージを、先に確保したWindowsシステム領域に展開し、このパーティションからWindowsインストール用のOSを起動できるようにEFIブートローダーをセットする.


この作業はimagexやdismなどの難解で複雑怪奇なWindows系のデプロイメントツールを使わなければならないので少し難儀するかもしれない.Windows10の時代になっても相変わらずへっぽこなツールしか使えないというのも困りものだ.MSの低レベルな技術力のおかげでサードパーティーが活躍(暗躍)できる余地が残っているという事だろうか. 割れ鍋に綴じ蓋?



Deploying installer WIM image

dism.exeコマンドで、インストーラOS用のWIMイメージを展開する

Setting EFI boot loader

展開したインストラーOSから起動できるようにEFIブートローダをセットする



4.Windowsインストーラを起動する

EFIブートローダのセットが終了した段階で、インストラーを終了させるかMac電源ボタンを押してシャットダウンを行う.Windowsインストール用のUSBメモリを外し、Macをオプションキーを押しながら起動させ、ブートセレクター画面でWindowsインストーラOSを起動させる.


Select Windows Installer OS

WindowsインストラーOSを起動する

Start Windows Installer

Windowsインストラーが起動するので、後は画面の指示に従って設定を行う


Windows 10 on Mac Mini

Windows10 が無事UEFIモードで起動


5.Mac用のデータ領域をフォーマットする

Windows側の作業でディスクのパーティション分割を行った際に、予めMac用のデータ領域を パーティション #2 に320GB程確保しておいたが、ファイルシステムが作成されていないRAWパーティションなので、Mac OS の “diskutil” コマンドで Mac用にフォーマットすれば、全ての作業は終了だ.




Mini Desktop
El Capitan の方がYosemiteより使い易そう


Local Search

Calendar

November 2017
S M T W T F S
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • Blogroll

  • Meta