y2blog » OS X MavericksでのPerl依存アプリケーションの対応

11

02

2013

OS X MavericksでのPerl依存アプリケーションの対応

OS X MarvericksでPerlライブラリに依存するアプリでトラブル発生


OS X Marvericksにアップデートする際に、幾つかのPerl環境に依存するアプリケーションは動かなくなる可能性があります.私が使っているアプリケーションのうち、”GPSPhotolinker”(V1.6.5) は新しいMavericks環境では動きませんでしたが、ちょっと小細工することでMavericks環境でも動かすことができるようになります.


“GPSPhotolinker”(V1.6.5)をMavericks環境で起動すると、


のようなメッセージを表示して強制終了してしまいます.どうやらPerlのダイナミックライブラリ “libperl.dylib” が見つからないのでアプリケーションを実行できないようです.GPSPhotoLinker以外にも、”MacVim” などもPerlの実装に依存しているようです.


そこでMavericksでのPerlの実装環境を調べて見ることにします.

Perl Library Path Mavericks(10.9)でのPerlの実装環境

 
OSX108 PerlLib
OSX 108 Perl Library Path Mountain Lion(10.8)でのPerlの実装環境


 

MarvericsではPerlの実装環境が変更されたようで、V5.10ではなくV5.16になっています.GPSPhotoLinkerはPerlのライブラリファイルのパスに依存しているため、新しいバージョンの Perlライブラリを見つけられないようです.


そこで 5.16 を無理矢理 5.10 に見せ掛けてGPSPhotoLinkerを起動できるようにしてみたところPerlライブラリが見つからなくてトラップされるエラーは発生しなくなったものの、アプリケションそのものはまともに動作する環境ではありませんでした.

無理矢理旧バージョン(V5.10)に見せ掛けてみる → 失敗

Mountain LionのPerl環境(V5.10)のフォルダ毎Marverics環境にコピー → 成功
GPS PhotoLinker on Mavericks Mountain LionのPerl実行環境をコピーすることで一応GPSPhotoLinkerが使えるようになった

Local Search

Calendar

November 2017
S M T W T F S
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • Blogroll

  • Meta